ホームページ制作

通信機器販売施工 WEB制作 ジェイフィールド
北海道札幌市豊平区月寒東1条11丁目2-12
E-mail: info@js-biz.net tel: 011-855-9333 fax: 011-887-6692

A WEB用語集


用語の説明は、初心者でも理解しやすいように解説していますので、正確な意味と異なる場合があります。

Blog(ブログ)
ウェブログ(weblog)の略称で、継続してweb上に記録を残していくことが出来るものを指す。 多くは個人の日記や、ニュースなどへの独自の評論に使用されたりします。

無料ブログ

CGI
CGIはPerlと呼ばれる言語で記述することが多いプログラム。ファイルの拡張子は.cgi となる。カウンター、アクセス解析、メールフォームなどで利用されます。
CSS(スタイルシート)
ホームページの制作する際に利用する言語。CSSは主にページのスタイル(レイアウト)を作成します。 CSSで書かれたファイルは外部ファイルとしてページに読み込むことが出来るため、HTMLだけで記述した 場合よりもページのプログラムソースが簡素化できます。これはサイトの管理がしやすくなるのと、 SEOにも向いているため近年、普及してきました。 昔はスタイルシートは邪道との意見もあったようですが。時代の流れを感じます。
CMS
Content Management System の略で、具体的にはサイト管理者が専用の管理画面よりHTMLの知識が乏しくても 簡単に文章や画像、商品を登録できる機能のことを指す。CMSを導入したサイトはいままでホームページを更新するにあたってホームページ制作会社に更新依頼をしていたものを自社で更新できるようにすることができます。 広い意味で、ブログなどもCMSに分類されます。

オープンソースのCMS

Cookie
クッキーと読む。この場合お菓子のことではない。ホームページに訪れたユーザー側のPCに、Cookieと呼ばれるURLと値をワンセットにしたファイルを格納させることができる。 例えば、ユーザーが初めて利用する掲示板のフォームにニックネームを入力したとして、翌日再訪してまた書き込もうとすると、フォーム内にすでにニックネームが入っている。なんて使い方など利用法は様々です。 Cookieはブラウザの設定でoffにすることもできます。
ブラウザ
インターネットで目的のページを表示させるためのソフトウェア、Windows であれば インターネットエクスプローラ(IE) 他に Mozilla FilreFox 、 Netscape 、Lunascape  などがある。手っ取り早く言えばパソコンのOSもwindows と Mac があるようにインターネット を閲覧するツールも沢山あるということになる。 自社統計によれば、IE が全体の5割強、ついでFireFoxが2割、Chrome2割※スマートフォン除く という利用率。
FTP
FTPとは、File Transfer Protocol の略語。 プロトコルとは、コンピューダー同士が通信する際の決まりごとのことで、直訳すると異なるコンピューター同士でファイルをやり取るする決まりごととなる。 これらの機能を備えたソフトウェアを使って、通常自分のパソコンで制作したホームページのファイルをサーバーにアップロードしたりします。 他にベクターなどのフリーウェア配布サイトなで、不特定多数にファイルをダウンロードさせる際にも利用されたりします。FTP通信自体、暗号化されず平文で送られるため、最近はFTPS接続やSSH接続などを推奨するサーバーが増えている。
HTML
ホームページを制作する際に利用する言語。HTMLで記述されたwebページは通常 .html(.htm)という拡張子のファイルとなる。 同義語として利用される"タグ"とは、HTML言語のことを指すことが多い。 HTMLの知識がなくてもホームページが簡単に制作できる制作ソフトやツールは数多くありますが、インタラクティブなサイトを構築するにはやはり必要不可欠な知識でしょう。
Javascript
PHP、Perlと同様に動的なサイトづくりに利用されます。一般的によく見受けられるものとしては画像にマウスを乗せると画像を切り替えるなどはjavascriptを利用している場合が多いようです。 javascriptは、ブラウザのセキュリティの設定でoffにすることができ、javascriptを無効にしているユーザもいるということを認識して利用する必要があるでしょう。最近ではJavascriptを利用したサイトが主流になっているように見受けられます。
JSON
JavaScript Object Notationの略。xml同様にデータを扱うためのフォーマット。もっとわかりやすく言えばexcelなどでの表をつくってcsv形式で保存できますよね。csvも立派なデータフォーマットです。
PHP(Hypertext Preprocessor)
ホームページを制作する場合に限定して言えば、HTMLが静的なページに対し、PHPは動的に生成されるページの作成に向いている。 具体的には、メールフォーム、ショッピングカート、ログインシステム掲示板、など。ファイルの拡張子は.phpとなる。
QRコード
2次元コードのことで、お店で売られている商品に記載されるバーコードが横方向にのみ情報を持つ1次元なのに対し、縦横に情報をもつ。 携帯電話にQRコードを読み取るバーコードリーダが搭載されているため携帯サイトのURL配布などに利用されることが多い。
RSS
RSSとは、サイトの更新情報を一覧表示し、情報発信するのに役立つ機能です。 主にブログやニュースサイト等で利用されています。RSSのファイルはxmlやrdfのファイル で、通常のブラウザで表示させても正しく利用できません。専用のRSSリーダーが必要となります。 IE7.0ではフィードいう名称で装備されています。使い方はお気に入りに追加するようにRSSのURL を登録しておくと、設定した頻度で、更新を確認して自動受信されます。

RSSに関連するサイト

SSH
セキュア・シェル(Secure SHell)の意味。サーバーにログインしたりコマンドを実行したりするソフトウェアのひとつで、その通信の際に暗号化方式を伴うソフトウェアのことである。 SSH対応のサーバーであれば、FTPの代わりにSSH接続で通信を行うこともできる。
SSI
Server Side Include の略。CGIを利用するサイトでHTMLにCGIを読み込む際に利用する。 拡張子が.shtmlとなる。きちんと取り扱わないとセキュリティホールが発生する可能性があり、私自信ファイルの拡張子が変わるならPHPのほうがとPHPをよく使うようになった経緯もあります。
SSL
Secure Socket Layerの略でデータを暗号化し、第三者に読み取られないように保護する技術です。 開始URLがhttp:// ではなく、https:// となる。クレジットカードなど重要な個人情報を取り扱うフォームを設置する場合必須といえます。
URL
Uniform Resource Locator の略。一般的にhttp://~始まるウェブページのアドレスのことを指す。アドレス、つまり住所のことであると考えればわかりやすいかと思います。
Web標準
W3C(World Wide Web Consortium)、ISO(International Organization for Standardization)等の組織によって取りまとめられた規格。日本語や英語に正しい文法があるようにWEBにも正しい文法があるということ。
WWW
World Wide Web の略でいわゆるWEBと同義語。インターネットを使ったサービスの総称。インターネットの世界がまるで蜘蛛の巣のように 無数に広がっていることから呼ばれたとか。http:// のあとにwwwと続く。
XML
ツリー構造をもった文章構造体またはその取り決め。HTML(XHTML)によってホームページは作成されるが、ただ単に規則正しい構造のデータをやり取りする場合、HTMLでは都合が悪い。 その場合にXMLが利用される。たとえばRSSなどのブログ・ニュースの情報、天気予報等々。
page top